いろんなこと
いろんなことやってます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FlashPlayerのバージョンアップ(半分未解決)
メインで使ってるUbuntu9.04のマシンでYouTubeとかニコニコが見られないのです。
でもとりあえずYouTubeではポップアップ機能を使ったり、FireFoxの DownloadHelper というアドオンでダウンロードしてなんとか見れていたので良しとしていました。
ところが最近ダウンロードも出来なくなり、ポップアップ機能も無くなったみたいでまったく見ることが出来なくなってしまったので、またまた重い腰を上げて対処することにしました。

対象マシンは
OSがUbuntu9.04の普通のPCで、ブラウザはFirefox3.0.18です。


まあ、見られない原因は単純にFlashPlayerのバージョンが古いせいですね。
ここのサイトからプラグインを落として来ます。
自分の場合はなぜかUbuntu用のでインストール出来ませんでした。
なので、Linux用.tar.gzファイルっていうのを落とします。
このファイルを展開すると libflashplayer.so が取り出せます。
これを任意の場所に保存すれば良いはずです。

どこだ?

一生懸命探した結果、どうやら /usr/lib/mozilla/plugins にプラグインを入れれば良いらしい。
とりあえずこのディレクトリに libflashplayer.so を入れて Firefox を再起動するとニコニコを見ることができました。よしよし。

んで、現状は、
/usr/lib/mozilla/plugins/flashplugin-alternative.so -> /etc/alternatives/mozilla-flashplugin
のリンク先の
/etc/alternatives/mozilla-flashplugin -> /usr/lib/swfdec-mozilla/libswfdecmozilla.so
のリンク先の
/usr/lib/swfdec-mozilla/libswfdecmozilla.so
が古いバージョンの FlashPlayer らしい。

なので、
/usr/lib/swfdec-mozilla/ に libflashplayer.so を入れて /etc/alternatives/mozilla-flashplugin のリンク先に変更すると良いと思われます。

sudo rm /etc/alternatives/mozilla-flashplugin
sudo ln -s /usr/lib/swfdec-mozilla/libflashplayer.so /etc/alternatives/mozilla-flashplugin


一度削除してからリンク作成。

同ディレクトリの下記ファイルも、リンク先が libswfdecmozilla.so なので同様に変更します。
firefox-flashplugin
iceape-flashplugin
iceweasel-flashplugin
midbrowser-flashplugin
xulrunner-addons-flashplugin
xulrunner-flashplugin


これでニコニコは見ることが出来ました。しかし、YouTubeは"An error occurred,please try again later."と出て再生してくれません。
まだ他に修正する箇所があるのかな?
現時点ではまだ不明。
スポンサーサイト
玄箱PROとubuntuマシンをNFSで
やっと重い腰を上げてNFSをやってみる気になった。
なんとなく面倒くさく感じてた原因は玄箱PROのせい。
Debian化した時の記憶がまったく無くて、思い出す作業が億劫だったから。

いろんなファイルの管理に支障が出てきたのでNFSを導入することにしました。
その忘備録。
なのであまり詳しく書いてません。ご了承ください。


参考サイトはここここ

まずはマシン構成。
NFSサーバ・・・・・・Debian化した玄箱PRO
NFSクライアント・・・Ubuntu9.04の普通のPC


サーバの設定
最初 nfs-kernel-server をインストールして起動したらカーネルが対応していないらしく、動きませんでした。
なので nfs-user-server をインストールすることにしました。

#apt-get install nfs-user-server


nfs-kernel-server とは共存出来ないので、先にこれをインストールしてあった場合は削除されます。

インストールされたら次は設定。
/etc/exports に以下の様に入力します。

/home 192.168.0.0/255.255.255.0(rw,sync)


ちなみに公開するディレクトリとIPアドレスは適当です。一応。

後は portmap、nfs-common、nfs-user-server が自動に起動になっているか /etc/rc2.d/ を見て確認。方法はリンク先が詳しい。
自分の場合は勝手になってました。

起動確認は

#ps aux
#rpcinfo -p
#showmount -e localhost


等のコマンドで確認。

これでサーバ側に設定は終了。以外に簡単だった。


次はクライアントの設定。

Synaptic で nfs-common をインストールします。
すると /proc/filesystems に"nodev nfs"が追加されます。

#mount サーバのIPアドレス:サーバ側の公開ディレクトリのフルパス マウント先のフルパス


でマウント出来ます。

マウント出来たら、これを自動にします。
/etc/fstab に

サーバのIPアドレス:サーバ側の公開ディレクトリのフルパス マウント先のフルパス nfs defaults 0 0


を追記。


これでとりあえずはNFSで繋がりました。
ここまでは以外に簡単でした。
後はパーミッションと文字コードの設定を詰めないと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。