いろんなこと
いろんなことやってます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グリーンハードディスク
かなり前にストックとして買ってあった Western Digital の WD20EARS というハードディスク、
今日何の気なしにググってみた。
そしたら出るわ出るわの不評・酷評の嵐。
1ヶ月くらいで壊れるとか普通な感じ。
これは完全に外れをひいた。
しかも2台w


当時すごく安かったからこれを選んだんだけど、買ったときに張り紙で「XPで使えません」みたいなことたしか書いてあった。
linux で使うからなんとかなるっしょ?ってその時まったくハードディスクについて無頓着でろくに調べずに買ったのが敗因だった。
もっと調べておけばなー。値段に負けた。

で、なんかくやしいので、なんとかならんかといろいろ調べてみた。

ちなみに正確な型番は WD20EARS-00MVWB0
ここによると、667GBプラッタで当時の新モデルだった模様。これは不幸中のほんの少しの幸い。

調べた結果このハードディスクの特徴
・AFT(Advanced Format Technology)によるフォーマット
・IntelliParkで省電力
があることがわかった。

ということは前記の
「XPで使えません」は AFT だからで、「1ヶ月くらいで壊れる」は IntelliPark 機能のせいではないだろうか?
つまりこの2点を改善すれば普通のハードディスクとして使えるのでは?
沈んでた気持ちが少し復活した。

AFT については fdisk でなんとかなるらしい。
IntelliPark は現状かなり敷居が高い。というかめんどい。
今オンボードで SATA が付いてる PC を引っ張り出すのはかなり大変。そして散らかりまくってて PC を開く場所が無い。そして FDD ドライブどころかフロッピーも無い。
上向いた気持ちがしなびた。
時間ある時にゆっくりやろう。


とりあえず今後の参考サイトのメモ
ここ
ここ
DOS起動USBメモリ作り方
WDIDLE3
違う方法で省電力


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。