いろんなこと
いろんなことやってます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CF-R3 をいろいろいじる
実家に1週間ほど帰省することになって、多分暇だろうからと思いレッツノート(CF-R3)の更新することにした。

やることは
・メモリ交換
・HDD -> SSD への換装
・熱暴走対策
・ubuntu のアップデート

メモリとSSDは半年以上前から購入してて、今までめんどくさくて手をつけていなかった。

まずメモリ交換。
メモリはこれ
BIOS上では1G以上でも認識するとどこかで見たので買ってみた。
交換自体は裏の蓋を外して交換するだけ。前回やってるので簡単。
無事認識した。
前に付けてた512kメモリ余ってしまった。もったいない。高かったのに。

次はSSDに換装。
SSDはこれ
IDE接続でプチフリになりにくいって噂を聞いて買った。
これも前回HDD換装をやってるので簡単。
CF-R3特有の41ピンを今回は折らずに曲げてやってみた。
これも無事に認識した。
っと、後で調べたらこのSSDはピン折しなくて良いみたいだ。 ・・・失敗。
まあ動いてるからいーか。

SSD換装ついでにCPUグリスを塗りなおし。
前回HDD換装した時にグリスを古いままで組んだせいか、ちょっと負荷をかけるとハングしてた。
多分熱暴走っぽい感じ。
早くからやれば良かったんだけど、開けるのめんどくさいし。
今回はちゃんと古いのを拭き取って新しいのを塗った。
この記事書いてる時は完成してから大分時間たってるけど、現時点でハングすることなく順調に動いてる。
グリスくらいケチらずちゃんとやりましょうってお話。

最後に ubuntuインストール。
SSDに換装したので ubuntu も入れ直し。
現時点のubuntuの最新の11.10 oneiric ocelot をインストール。
(もうすぐ12.04が出るけど、今やる気になってる時にやらないと、次いつやる気になるかわからないからね。)

CDを作らないでUSBメモリからインストールします。
ここで実家に帰る前に作っておいたインストール用USBメモリが動かなかった。がーん。
作り方間違ったか。
こういうときに備えてWindowsノートPC持ってきてて良かった。重かったけど。
急遽UNetbootinというソフトでインストール用USBメモリを作った。
実家にはネット環境が無いから L-04C をテザリング出きるようにしておいて良かった。
日本通信の b-mobile だから時間かかったけど

ちなみにOSイメージはここからダウンロード。
OSイメージ自体は別に保存してあったので助かった。
b-mobile で落とすのは無理。

いろいろあったけど現在得に不具合なく順調に動いています。むしろ快適。
ただ、SSDにしてメモリ増設した割にはそんなにサクサク速いって感じではない気がする。
SSDが速くてもIDEの限界なのであろう。
そもそもCPUもたいしたことないし。
でもSSDになったことで、多少振り回して使っても安心なのは非常に良いです。気楽に持って歩ける。
起動は、ログイン画面になるまで大体20秒以下とかで、これも気軽にシャットダウン出来る。

あと2、3年は余裕で使えそう。
どーも最近のネットブックとかノートPCはキーボードがねー。
この前ヨドバシ見たら消しゴムボタンではないものの、昔の PC-6001 のキーボードそっくりだった。
最近はあれが流行り?
掃除はしやすそうだけど。

次は色々ソフトのインストールだ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。