いろんなこと
いろんなことやってます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Unity いろいろいじってみる 2
今のインジケータに表示されている内容はこんな感じ。
(バッテリー繋いでるとバッテリーのインジケータが出るけど、この時は抜いてた。)

インジケータ、追加前

これに色々追加しよう。


とりあえず必要なのは
・CPU周波数変更
・システムモニタ
・CPU温度

大体のインジケータはここで紹介されていました。
今回はそれをほとんどそのまま参考にしました。


まずはCPU周波数変更。
indicator-cpufreq

$ sudo add-apt-repository ppa:artfwo/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install indicator-cpufreq

一度ターミナル上で起動したら、自動的に「自動起動するアプリケーション」に設定されたみたい。
ログインし直したら自動的に起動されました。

インジケータ、CPU周波数

CPUの稼動情況がアイコンでわかるのでシステムモニタいらないかも。


そしたら次はCPU温度
Hardware Sensors Indicator

$ sudo add-apt-repository ppa:alexmurray/indicator-sensors
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install indicator-sensors

これは Unity Dash から起動しました。

インジケータ、CPU温度1
アイコンをクリックすると設定するところがあるので色々設定します。
自動起動もここで設定出来ます。

インジケータ、CPU温度2
いろいろ設定した所。


とりあえず今回はこれだけ表示できれば満足だ。
次はもっと便利に使えるようなことをやります。


<追記>
SSDの温度が終始40度ぴったりでまったく動いてなさそうだった。
hddtemp をインストールしても変わらなかったので、どうやらSSDは温度が測れない模様。
多分SSDには温度センサーが積まれていないのだろう。
ちなみにSSDが内臓されてる付近はほんのり温かいくらい。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。