いろんなこと
いろんなことやってます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
玄箱PRO に Debian 「squeeze」インストール メモ3 フラッシュメモリからの起動
フラッシュメモリから起動するには

・U-Boot起動
・玄箱PROのオリジナルファームで起動する様に環境変数を設定
・リブート
という流れな模様。

それでは実際の作業
>>続きを読む
玄箱PRO に Debian 「squeeze」インストール メモ2 シリアルコンソール
まず HDD 交換。ST2000DM001 てのがツクモで安かったので購入。
入れ替え自体は簡単なのでメモは無し。

次にシリアルコンソール。
玄箱PRO には玄人志向のシリアルコンソールキット(SCON-KIT/PRO)がすでに付けてあります。
これを ubuntuマシンに接続するにはここを参考にしました。
要するに、SCON-KIT/PRO を刺すと /dev/ttyUSB0 が出来るということらしい。
その後のユーザアクセス権限についてはなにもしなかった。(しなくても通信できた)

そしてコンソール接続。
ここを参考に screen を使った。

# screen /dev/ttyUSB0 115200

これで 玄箱PRO に繋がる。
玄箱PRO の電源を入れて何やら文字が出てきたらOK。

つづく
玄箱PRO に Debian 「squeeze」インストール メモ1
だいぶ前に HDD が死んでほったらかしにしてあった玄箱PROを再利用します。
現時点で Debian 6.0.5 squeeze が最新な模様。
でも実際に玄箱にインストールされる Debian のバージョンは 6.0.5 なのか入れてみるまでわからない。
なんか調べてもわかんなかった。
というかもう玄箱使ってる人あんまりいないのかな?最近の事例がなかなか出てこない。

玄箱PRO に Debian をインストールするにあたって
こことか
こことか
こことか
参考にしました。
大元の情報はここなのかな?

手順は
・HDD 入れ替え
・シリアルコンソールに接続
・U-Boot起動
・玄箱PROのオリジナルファームで起動する様に環境変数を設定
・フラッシュメモリからの起動
・ネットワークの設定
・HDDフォーマット
・Debianインストーラダウンロード
・Debianインストール
という流れな模様。

それでは実際の作業

つづく

コンサーティナーを買ったよ


突然どーしてもコンサーティナーが欲しくなった。
動画サイトで見てやりたくなった。

どこに売ってるのか探したらまったく選択肢がなかった。
そして結構高い。その分安心感があるんだろうけど。
どーしても欲しいけど、どーしてもお金がないのでセカイモンで探した。
初めてセカイモン使った。初めて外人と競買した。
初めてヤフオクした時のドキドキ感を思い出した。

結局120ドル位で落とせた。それから送料とか手数料入れて2万円以下で手に入れる事ができた。
ただ、このときは「ビンテージBastari」と言うことしかわかってないから、どんなのが来るのかチョー不安。
そういえばアングロかイングリッシュかも書いてなかったっけ。
初めてのセカイモンで舞い上がってて見落としてた。

10日位で届いた。
写真じゃ綺麗に見えるけど表面のステンレスの部分は錆びみたいなのが一面についててコキタナイうえに、やはりというか全体的にカビ臭い。
ボタンを押してないのに音は鳴るし、押したら戻って来なくなったボタンがあるし。
せっかく届いたけど修理しないとだめだー。
でもアングロだったからよかったー。

果たして治せるのか?
ubuntu でエディタ
Wine で秀丸エディタ動かしてみたら普通に使えてびっくりした。
「うぉーすげー」ってよろこんだのもつかの間、全角文字入力出来ないの。えー。
他はほとんど動いてそうなのに全角文字だけ入力できないの。
検索文字の入力は全角いけるのに。
あと、コピペでは入力できた。
でも直接入力出来ないの。
いやー、おしい。非常に残念だ。がっかり。

今まで gedit 使ってきてそれでも良かったんだけどね。
他に ubuntu で使いやすいの無いかなーとなにげに gvim をインストールして動かしてみたの。
昔 FreeBSD でサーバ作って遊んでたからカーソル操作とか追加、削除位ならなんとかかろうじて使えてたけどやっぱりにがて意識があったんだよね。

なんかチュートリアルがあったのでなんとなくやってみた。
30分位で終わるって書いてあったし。
実際には1時間以上かかったけど。

あれ?なんかおもしろいかもって感じた。色んな操作が手早く出来るように考えられてるんだね。
んーマウスを使わないで操作が出来るってやっぱり快適だなー。
ちょっとしばらく gvim 使ってみようかな。

というかもうすでに ctrlキーの位置が capsキーの位置じゃないとダメな人種になってきた。
いや、昔 超キー入力速い時代の若かりし時は ctrl-h とか ctrl-m とか普通に使ってたよ。そういえば。

ちなみに capsキーの変更は
システム設定ー>キーボードー>レイアウトの設定ー>オプションー>Caps Lockキーの動作
で変更出来た。
ubuntu11.10 Unity でね。

あと,vim の親切なヘルプのサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。